2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

未来4月号掲載作


冷蔵庫をぎゅうぎゅうにして待つ母よ松前漬が細く糸を引く

溶けてゆく粉糖を「泣く」と言うことも冬に覚えた語彙のひとつで

自立できないところが好いと熱っぽく父はオートバイを語りぬ

「色事にうつつを抜かすな」などと言う吉のおみくじを小枝に結ぶ

三つ目の県境をまたぎ北へゆくブーツはつくづく冬の履き物

水のない田んぼ、寒風、分校があったんだよと君が指す丘

どちらの叔母も最初の息子は死んでいてここはいちご農家の仏間

東京へ戻る車中にメビウスの輪のごとくあり「おぼえてしりとり」



未来2016年4月号の掲載作です。
締切は1月だったので、夫と私それぞれの実家への帰省を詠んだ作品になっています。

我が家の目の前には大きな桜の木があるのですが、
夜に見る桜というのは本当に美しいですね。

数日前、残業して結構遅い時間に帰宅したのですが、
誰もいない静かな道で、街灯に照らされてぼうっと満開の桜が浮かび上がっていて、
生暖かい春の風に花びらがたくさん舞い散って、
足元に積もった花びらも砂浜のようにざざーっと動いて、
本当に圧巻でした。

なんというか、これは確かにかどかわされるよなぁと思いました。

その夜の強風でほとんど花は散ってしまって、
翌朝見たら早くも葉桜になってしまっていたので余計に前夜見た光景が神秘的に感じます。

虫が活発になってきたことを除けば本当にいい季節です。

スポンサーサイト
2016年04月09日(Sat) | 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kuranoichi.blog.fc2.com/tb.php/42-b2664cdb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。